身の回りのトラブルに対処する行政書士|金銭トラブル迅速解決

婦人

手軽に手続きができる

男性

親しい家族が亡くなってしまった場合、お葬式の準備などで忙しくなるものですが、お葬式よりも懸念すべきものとして挙げられるのが、相続による申告手続きです。親族が亡くなった場合、亡くなった人が所有する財産を遺言に従い、家族で分与しなければなりません。しかし、財産を相続する場合財産をそっくりそのまま得られるわけではありません。相続によって得られる財産には税が掛けられるので、きちんと相続税申告を税務署で行わなければなりません。お葬式などによって忘れてしまい、相続税申告を怠ってしまった場合、脱税によって罰せられる危険性もあるので、注意が必要となるのです。ですが、相続税申告などは誰しも行なった経験がないので、どのような手続きをすればよいのかわからない人も多いでしょう。こうした場合に相談できるのが、税に詳しい税理士なのです。相続税申告を専門に行なう税理士事務所も存在するので、依頼することで難解な税の申告も簡単に行なうことができるでしょう。

相続税は、受け継いだ資産の価値によって金額が大きく上下します。資産が貯金などのお金であれば、計算も簡単に行なうことができますが、土地や家屋、資産価値の高い装飾品などを受け継いだ場合、どれだけの相続税を支払えばいいのかわからないでしょう。税務署に相続税申告を行なう場合、受け継いだ資産に関する添付資料なども提出します。資料がいい加減なものであった場合、相続税申告を受理されない事態に陥るため、専門家に依頼して相続した資産の価値を調べてもらう必要があるでしょう。相続税申告を専門に行なう税理士事務所は、受け継いだ資産の調査も行ないます。土地などを受け継いだ場合にも、法の専門家の観点からどれだけの資産価値があるかすぐに算出できるので、相続税申告も滞りなく行なえるでしょう。特に相続に関して専門に行なう税理士事務所ならば、余分な税を支払うことなく済ませられるので、節税対策としても高い効果が得られるでしょう。